自分の将来のために求人を探す

本当の意味での管理

鉢巻をしている女性

ただプロジェクトマネージャーとして人を管理するといっても、誰がどのように動いているかだけを見ていればいいわけではありません。つまり一番管理をする上で重要なのは、その人それぞれの個性を見抜くことです。人によっては得意な分野があれば不得意な分野があります。もし人の配置を少しでも間違えてしまえば、実際に不得意な仕事を無理にやらされている人は仕事に対するストレスを溜めるようになり、ときにはサボろうとしたり仕事自体を休もうとか考えるようになります。つまり大事なのはずばり適材適所です。本当にその人に任せるべき仕事なのかどうか?そこをしっかり見極めてちゃんと相性の良い仕事を分け与えることで、誰も仕事に対してストレスをほとんど溜めずに、理想的なプロジェクト進行ができるようになります。決してひとりひとりの個性を見ずに適当に配置を決めないようにする必要があるでしょう。ただ個性を見抜くためには、その前にその人と仲良くなっておくことも大事です。距離がある以上はその人の素を知ることもできませんし、もちろんその人が本当は何をしたいのか、どのような働き方を望んでいるのかをヒアリングすることもできません。それではいくら頑張ってもその人の個性は知れないので、仕事や休憩時間などでも積極的にコミュニケーションを取るようにするべきでしょう。良い意味で距離をどんどん近くすることが、本当の意味で好かれる最強のプロジェクトマネージャーだと断言できます。