自分の将来のために求人を探す

守るべきルールです

スーツの女性

今回はプロジェクトマネージャーが必ずわきまえるべきスキルについての話をします。トップページでも簡単に説明しましたが、知的財産権の知識に関しても必ず頭に入れておきましょう。というのも仕事をする上で他人の所有する知的財産を侵害してしまっては完全にアウトです。すでに他人が所有している特許と同じアイデアのものも無断では使用できないので、そこは当然の知識としてわきまえておくべきことです。たとえば大きくわけて5種類ほど気を付けるべきことがあります。まずひとつが特許権です。これは今言った他人の特許を侵害しないようにすることに当てはまります。そして次に著作権です。他人の書物や仕様書などを間違えてもマニュアルで無断引用するようなことだけは避けてください。そして3つめが営業秘密です。当然どんな企業にも顧客データなど重要な情報を抱えていますから、漏洩なんてあっては信用を失うことになります。そして4つめにデザインの模倣です。特にIT業界ではWEBサイトなどのデザインが他社とかぶったりするようなこともあります。そこにも注意を払う必要があるでしょう。そして最後に商標商号です。すでに他人が所有している商標などは当然プロジェクトにおいては使うことができません。そのため使おうと思っている言葉がすでに商標取られていないかどうかもプロジェクトマネージャーがチェックする必要が出てくるでしょう。もし何かすでに考えているネーミングやアイデアがあれば、まっさきに特許申請しておくことで守ることが可能です。プロジェクトマネージャーは一瞬のひらめきと迅速な行動力も大事になってくるでしょう。